beautiful girl

敏感肌でも安心して使えるクレンジングはランキングサイトを参考

メイクを落とす時は注意を

頬を触るレディー

洗浄力が違う

敏感肌の人は、肌があまり乾燥しないように気を付けたほうがいいでしょう。肌が乾燥すれば、より一層肌が敏感になってしまうからです。だから、クレンジングにも気を付けたほうがいいでしょう。いろいろな種類があります。オイルやミルク、ジェル、コールドクリームなどです。オイルを使っている人が多いですが、とても洗浄力が強いです。敏感肌なら洗浄力があまり強すぎないミルクなどを使ったほうがいいでしょう。オイルを使いたい場合は、マスカラなど部分的に使う程度にとどめておいたほうが良いです。洗浄力が強すぎてしまい、肌が乾燥してしまわないようにしましょう。洗浄力があまり高くないとは言っても、ごしごしとこすったりせず、優しくクレンジングの力を信じて洗ってください。

どんな違いがあるのか

美容家の中には、油汚れには油が一番良いと言うことがあります。だから、オイルを使ってメイクを落とす方が良いというわけです。しかし、オイルクレンジングは敏感肌の人は避けたほうがよさそうです。メイクも油ですが、皮脂も油です。だから、肌に必要な皮脂まで落ちてしまいます。しかし、他のクレンジングの場合はそこまで洗浄力が高いわけではないので、肌に必要な皮脂は残っていることが多いのです。敏感肌の人は、皮脂を残して肌を保護してもらう方が良いです。皮脂には肌を守る働きがあるので、適度にあったほうが良いです。脂性肌ならオイルクレンジングでも十分でしょう。しかし、敏感肌なら肌に優しいクレンジングを選んだほうが良いというわけです。